種類について | 何に利用するか目的を考えて、オリジナルの袋を使用する

何に利用するか目的を考えて、オリジナルの袋を使用する

置かれたポリ袋

種類について

中に何を入れるか

紙袋には様々な種類があります。色や形だけでなく、サイズも異なってきますし、紙の種類もかわってきます。
どの紙袋を使用するかによって、使いやすさが変わってきますので、しっかりと考えて選ぶようにしましょう。
どのような紙袋を使用したいか、ということもとても大事ですが、まずは紙袋の中に何を入れるかということから考えるととてもどの種類にしたらよいか選びやすくなります。
例えばワインを専門に扱っているショップを経営しているとします。
その時に必要となっていくる紙袋は、ワインを入れるのに適したものでなければいけません。
普通の紙袋であると、ワインボトルがしっかりと固定されず、移動の際に紙袋の中で動きまわってしまいます。
ワインボトルは大体が割れ物で出来ていますので、持ち運びの際とても危険な状態になってしまうのです。
そのためにワインボトルにあったサイズのものを選ぶ必要があるのです。
紙袋の中にはワインを入れるのに適したサイズの袋が存在しますので、そのサイズのものを購入するようにしましょう。
細長い袋のため、他のお酒のボトルや、花束をいれるのにも適しています。

デザインをみる

紙袋には様々なデザインのものが存在します。
形も違いますし、色もことなってきます。紙の種類によっては与える印象も異なってきます。
紙袋を手渡す相手にどのような印象を与えたいかによって、選ぶべきデザインは異なってくるでしょう。
例えば贈り物であれば華やかなデザイン、または高級感があるものが良いです。明るいパステルカラーや、シックな色のものが人気です。
少々取り扱う商品が高価なショップで使用するのであれば、PP加工が施されているものが良いでしょう。
紙に光沢があり、中に入っている商品のブランドイメージを更に良くします。